Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【S9 最終2013 309位】補助1積み5先発圧縮型起点構築【シングル63】


【はじめに】
@コ(あっとこ)です。今回はシーズン9のシングルレートで使用した構築を紹介します。
(以下、常体)


【結果】
TN:atコ 最終レート2013 309位 285勝235敗
20180515_S9_結果



【構築概要】

778_0.png362_0.png
130-megaevol_0.png637_0.png
784_0.png629_0.png

20180515_S9_構築概要


○QRレンタルチーム(※レンタルチーム整理の際に突如消す可能性有り。)
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4AA2-B94C


【コンセプト】
〇構築時
・どんな構築にも先発で出せる補助役を1匹に圧縮する事で、残りの5匹に全員積み技が搭載出来るようになり、構築のパワーを最大限まで高める事を狙った。
〇対戦時
・先発バルチャイの後攻とんぼがえりから自分の積みポケモンを無償降臨させ、相手よりも先に自分の積みポケモンを展開させて勝つ。
・バルチャイ以外に先発が安定する積みポケモンがいる場合は、積みポケモン3匹選出のパワーを押し付けて勝つ。


【選出時に考えている事】
・通したい積みポケモンを2匹選んでから先発を決める。
・先発は基本的にはバルチャイで、バルチャイ以外で先発安定するポケモンがいればそのポケモンを先発で出す。

・選出パターンは「バルチャイ+積みポケモン+積みポケモン」か「積みポケモン+積みポケモン+積みポケモン」 の2通り。

・最も多い選出→「バルチャイ+ギャラドス+ウルガモス」
・クチートとカプ・ブルルを除くフェアリーがいない場合→ジャラランガを後発で出す。
・カバルドンがいる場合→バルチャイを先発で出す。


【本構築が出来るまでの経緯】
・シーズン8の構築「先発安定襷激流蜻蛉蛙」の記事を読んで、先発きあいのタスキゲッコウガで相手のカプ・コケコやゲッコウガに対して後攻とんぼがえりを行い、「自分が通したいポケモンを能動的かつスピーディーに通す考え方」と「先発の補助役を生き残らせて中盤終盤に再利用する考え方」に魅力を感じた。ゲッコウガだと特性激流を含めて相手を殴る力はあるものの、先制とんぼがえりになる事が多く、遅い相手と対面した時に交代先に負担が掛かる事を恐れてとんぼがえりを選択しづらくなる点が気になった。

・参考元の構築はゲッコウガからクチートに繋いだりゲンガーに繋いだりとタイプ半減を活かした繰り出し方が出来るよう工夫が為されている。ただ、あらゆる相手に対して後攻とんぼがえりを行い交代先を無償降臨させ、有利対面の状況から積みに行く構築に仕上げる事で、臨機応変に立ち回るスキルに乏しくてもシンプルな立ち回りで扱える構築に出来るのではないかと考えた。

・尚且つ、素のスペックが低くてもどんな構築にも先発で出せる補助役を1匹採用する事で、残りの5匹全員に積み技を搭載出来るようになり、構築のパワーを最大限まで高められるのではないかと考えた。

・後攻とんぼがえりのポケモンを選定するにあたり、絶対必要な条件として下記の4つを挙げた。
1、とんぼがえりを覚える。
2、連続技を除くあらゆる攻撃を1回は耐える。
3、キノコのほうしを無効に出来る。
4、カバルドンの補助技を阻害出来る。
これらの条件を満たすポケモンが1匹見つかった。
そう、きあいのタスキを持ったバルジーナである。バルジーナは特性ぼうじんでキノコのほうしが無効で、カバルドンより速くちょうはつが使える。おまけにすなあらしできあいのタスキが潰れず、エスパー技と地面技と2つのタイプを無効に出来る。これは適役が見つかったと性格のんきS個体値0・S実数値76のバルジーナを育成し、実戦に赴いた。
しかし、数戦した時にエラーは起きてしまった。
S実数値76のバルジーナが相手のポリゴン2に先制とんぼがえりをしてしまったのである。
当時の裏選出はフェローチェとギャラドス。フェローチェを出すしかなく受けた技はほうでん、麻痺。ここから「不意に先制してしまう事が負けに直結してしまう事」を学んだ。
その為、相手とのS関係がはっきり出来る所にS実数値を設定する必要が出てきた。無振り50族抜かれとS4振りカバルドン抜きを両立できるS実数値69が最適だと考えた。
バルジーナのレベルを45にすれば、S実数値69とA161パルシェンのスキルリンクつららばりを耐える耐久力とを両立出来る。(ただし、与えるダメージは攻撃技のレベルにも依存する為、イカサマの火力は下がる。)
ここで第2のエラーが起きてしまった。
バルジーナへの進化レベルは54で、野生の最低レベルも54なのである。
すなわちこれは「レベル45バルジーナの実現が不可能」という事を意味している。
ここでバルチャイのS種族値が60族である為、S実数値69を実現出来る事に気付き、バルチャイの採用が決定した。

・起点構築において相手のミミッキュが数的不利を覆し辛い点で重い為、ミミッキュに強い積みポケモンを軸として採用する事にした。ミミッキュのばけのかわを貫通して突破出来るメガギャラドスと、ミミッキュのばけのかわが剥がれていれば起点に出来るウルガモスを軸の積みポケモンとした。

・バルチャイが有利対面を作る性能に優れている為、有利対面を作るだけで大きなアドバンテージがとれる積みポケモンの採用を次に考えた。フェアリーがいない構築に対してS関係が勝っていれば相手の体力を大きく削りながらABCDSを1段階上昇出来るジャラランガと、同じくS関係が勝っていればムラっけの試行回数を稼げるオニゴーリを採用した。

・最後にばけのかわを盾に安全に積めて、相手のポケモンが止まらない時のストッパーにもなれて、バルチャイを出さなくても良い時の第2の先発役にもなれるミミッキュを採用した。こうして本構築が出来上がった。

○参考元
【S8シングル】先発安定襷激流蜻蛉蛙【最高2131】/ 飛行Zデデンネ
http://ddnnddnn.hatenablog.com/entry/2018/03/14/201223
(ポリゴンZ メガクチート ゲッコウガ メガゲンガー ビビヨン ミミッキュ)
→「とんぼがえりで自分が通したいポケモンを能動的かつスピーディーに通す考え方」と「先発の補助役を生き残らせて中盤終盤に再利用する考え方」に特に魅力を感じた。


続きを読む

【S8 最終2008 284位】カバドリ~HBカバルドン+HDドリュウズ~【シングル63】


【はじめに】
@コ(あっとこ)です。今回はシーズン8のシングルレートで使用した構築を紹介します。
(以下、常体)


【結果】
TN:atコ 最終レート2008 284位 121勝77敗
20180313_S8_結果


【構築概要】

286_0.png450f_0.png
530_0.png373-megaevol_0.png
748_0.png488_0.png

20180313_S8_構築概要

○QRレンタルチーム(※レンタルチーム整理の際に突如消す可能性有り。)
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4911-A79F


【コンセプト】
・有利対面を能動的に作り、体力を温存しつつ相手の交代先に負荷をかけ続けて勝つ。
・どくどく、どくびし、トリック、みかづきのまいを用いてメガボーマンダの抜き筋を作って勝つ。


【選出時に考えている事】
・選出する3匹は相手の6匹に対して交代から勝つ事が出来るポケモンを選択する。
・カバルドンに強いポケモンが相手の先発として出てくる事が多い為、そのポケモンに強いポケモンをこちらの先発として出す。
・また、回復技を持たないポケモンは交代できる回数に限りがある為、出来る限り先発で出す。


【本構築が出来るまでの経緯】
・昨今ゲッコウガの型がますます増えている中で、ゲッコウガを能動的に対策出来るポケモンが構築に必要だと感じた。該当するポケモンを考えた所、ゲッコウガに加えてミミッキュも同時に対策出来うるドヒドイデが浮上した。ドヒドイデを含む受け回し構築で恒常的に結果を残しているむくれねこさんの「ハメ撮りマンダ受けサイクル」を始点にS8の構築を考える事にした。
「ハメ撮り受けサイクル」の構築を使う事で以下の3点に強みを感じた。
1.サイクルで削ってからD振りメガボーマンダを通す動きが強い。
2.ゲッコウガにみがわりを残されようが、ドヒドイデを出しておけば安心して勝てる点が強い。(じんつうりきの採用率は3%)
3. 相手の物理技主体のポケモンや低速のポケモンを起点にポイズンヒールキノガッサを展開出来る点が強い。
また、改悪となる可能性はあるが、自身が扱いやすいように以下の2点を変更する事にした。
1.ドリュウズをカプ・コケコやカプ・テテフに後出しが安定するようにD耐久を上げる。
2.ドリュウズに代わるこだわりスカーフを持った奇襲性のある潰し枠を採用する。奇襲性を求めたのは、こだわりスカーフ持ちのポケモンを含めてサイクルを回すと、こだわりスカーフを持ったポケモンが足を引っ張る為である。
上記2点を踏まえ、「エアームドとバンギラス」を「クレセリアとカバルドン」に変更して構築が完成した。

○参考記事
【USMシングル】ハメ撮りマンダ受けサイクル / カバドリラティはつよい
http://hetyamukure576.blog60.fc2.com/blog-entry-220.html


続きを読む

【S7 最終2006 555位】みがわりポリ2グロス軸~数的有利を作りミミッキュで締める構築~【シングル63】


【はじめに】
@コ(あっとこ)です。今回はシーズン7のシングルレートで使用した構築を紹介します。
※参考記事は全て無断掲載です。削除を依頼される場合はコメントよりご連絡ください。
(以下、常体)


【結果】
TN:atコ 最終レート2006 555位 225勝168敗
20180123_S7_結果


【構築概要】

785_0.png645-therian_0.png
376-megaevol_0.png778_0.png
637_0.png233_0.png

20180123_S7_構築概要

○QRレンタルチーム(※レンタルチーム整理の際に突如消す可能性有り。)
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-45C6-B956


続きを読む

【第3回ポケモン竜王戦予選 最終1750】ジメンZフェローチェ軸【伝説1体解禁シングル63】


【はじめに】

@コ(あっとこ)です。今回はインターネット大会「第3回 ポケモン竜王戦 予選」使用した構築を紹介します。
ルールは伝説ポケモンを1匹PTに入れる事が可能なシングル63となります。(デオキシス等の幻は使用不可。)
(以下、常体)


【結果】

TN:atコ 推定最終レート1750 30勝11敗
※レート1731の時にレート1811の相手に勝って終えた為、増減するレートが (-1731+1811)/25+16=+19.2≒+19 となる事から最終レート1750と推定した。


【構築概要】

537_0.png795_0.png
787_0.png303-megaevol_0.png
197_0.png250_0.png

20171204_竜王戦_Zドリルライナーフェローチェ軸


【コンセプト】

・先発フェローチェのとんぼがえりと後続2匹の削りでフェローチェの一貫性を作り、フェローチェを通して勝つ。
・フェローチェが通せない場合は、選出を高耐久のポケモンで固めて有利対面を能動的に作りに行き、メガクチートかホウオウを通して勝つ。


【本構築が出来るまでの経緯】

 まず、ジメンZフェローチェがこのルールで強いと考えた。理由はビーストブーストでAを上げる事でメジャーな伝説枠を上から1発で倒せてかつ、エスパーの一貫を切る目的で採用されやすい悪タイプと鋼タイプに強い為。次に、フェローチェな苦手なメガレックウザの相手が出来て、ネクロズマにも隙を見せづらいメガクチートが強いと考え、ジメンZフェローチェとメガクチートを構築の軸にする事とした。
 初手フェローチェと相手の伝説枠との対面を想定した時に、とんぼがえりで1度引いて終盤の崩しに向けてフェローチェを温存する動きを実現させる為には、クッションの役割を果たせる伝説枠が必要だと考えた。ゲンシグラードン・各種ネクロズマ・イベルタルの攻撃を出来る限り2回耐える事が出来る伝説枠を探したところ、ホウオウに行き着いた。C222ゲンシグラードンの威力150晴れ状態ふんかを涼しい顔で2回耐える事が出来る。日食月食ネクロズマはフェローチェ対面でウルトラバーストをしないと仮定すると条件を満たす。C201イベルタルがフェローチェ対面でデスウィングを撃ってくると仮定すると、デスウィング+ダークオーラZあくのはどうをたべのこし回復1回込みで耐える為、条件を満たす。
 フェローチェ+ホウオウ+クチートを基本選出とした時に、カイオーガとカプ・コケコの一貫性が気になった。ただ、出来る限り「Z+伝説+メガ」の基本選出を押し通したい為、怪しい考え方ではあるが選出抑制出来そうなポケモンを2匹探す事にした。その結果、水技と電気技を両方半減以下に出来るカプ・ブルルとガマゲロゲが構築に加入した。カプ・ブルルは相手が展開したサイコフィールドを消せる点、ガマゲロゲはみがわりとがむしゃらで相手の伝説枠とほぼ1:1交換出来得る点に魅力を感じた。上記の2匹でこだわりスカーフカプ・コケコを選出抑制した気になる事で、先発フェローチェとカプ・コケコの対面で強気にZドリルライナーを選択する事が出来た。(ただし、1回だけ先制されて出落ちした。)
 最後にメガレックウザと各種ネクロズマへのマークを厚くする目的でブラッキーを採用して本構築が出来上がった。


【選出パターン】

構築上の6匹を以下の2グループに定義する。
グループA:(パワーが高く積極的に選出したいポケモン)
フェローチェ、ホウオウ、クチート
グループB:(パワーは劣るがグループAが選出できない際に選出するポケモン)
カプ・ブルル、ガマゲロゲ、ブラッキー

・対グラードン、イベルタル、日食ネクロズマ、月食ネクロズマ
→「先発フェローチェ」+「ホウオウ」+「クチート」

・レックウザ
→「クチート」+「ホウオウorグループB」+「グループB」

・対カプ・テテフ+日食ネクロズマ、月食ネクロズマ
→「カプ・ブルル」+「グループAorブラッキー」+「グループA」

・対カイオーガ
→「先発フェローチェ」+「ガマゲロゲ」+「グループA」


続きを読む

【S6 最終2011】すべてはポリゴンZのために【シングル63】


【はじめに】
@コ(あっとこ)です。今回はシングルレーティング シーズン6で使用した構築を紹介します。

※参考記事は全て無断掲載です。削除を希望される場合はコメント欄よりご連絡ください。
(以下、常体)


【結果】
シーズン6 シングルレーティング
TN:atコ 最終レート2011
TN:YokohamaLily 最終レート1851
※TN=トレーナーナーム=ROM名
20171110_S6_結果
2017年11月10日3時30分更新時点


【構築概要】
474_0.png658_0.png
257-megaevol_0.png797_0.png
645-therian_0.png778_0.png

20171110_S6_すべてはポリゴンZのために


【コンセプト】
・先発でS操作を行い起点を作り、積みエース2匹で相手の3匹を倒す。
・先発と2番手でS操作と削りを入れて起点を作り、積みエース1体で相手の3匹を倒す。


【本構築を選択した経緯】
・多くの積みエースが相手の死に出しミミッキュに対してばけのかわを剥がすだけで倒されてしまう中、ばけのかわを剥がした上でダメージを与える事が期待できる永久保証ポリゴンZ(図太いBS振り)が積みエースとして強いと考えた。ユウキさんの「電磁波メガ+オニZVer.3 デンチュラゴーリ」のQRレンタルチームを使用し構築を丸パクリする事から始め、個人的に必要だと感じた要素をどんどん取り入れていった。ステルスロック撒きとしてランドロス霊獣、ポリゴンZの補完の積みエースとしてメガバシャーモとテッカグヤが入り、最終的には「ミシュラン5つ星カレー なんちゃって実はうんちスタン💩」のような並びとなった。

○参考記事
・電磁波メガ+オニZVer.3 デンチュラゴーリ ~第2回BFC優勝・SD1位~ / ユウキのめざめるパワー(氷)
http://d.hatena.ne.jp/yuki_rotom/20170924/1506240195
デンチュラ オニゴーリ ウツロイド メガギャラドス ポリゴンZ メガフーディン

・【S5使用構築:最高2174・最終2146 最終13位】ミシュラン5つ星カレー なんちゃって実はうんちスタン💩 / 絶対弱者
http://www.ponz-poke.com/entry/2017/09/12/130439
ランドロス霊獣 メガバシャーモ テッカグヤ メガガルーラ ミミッキュ ポリゴンZ


【基本戦術】
・先発出しが安定するランドロス霊獣、ミミッキュ、ゲッコウガでS操作を行いポリゴンZの起点にする。ポリゴンZでテクスチャーZを積む際に相手のポケモンが居座る事が多い為、ポリゴンZで目の前の1匹目を倒して削りきれなかった2匹目をメガバシャーモの加速の起点にする。ポリゴンZとメガバシャーモで1.5匹ずつ倒して勝利する事を狙いとしている。


【選出パターン】
選出のパターンは以下の2通り。
1、S操作役+積みエース+積みエース
2、S操作役+S操作役+積みエース

・S操作役→ランドロス霊獣、ミミッキュ、ゲッコウガ
・積みエース→ポリゴンZ、バシャーモ、テッカグヤ

続きを読む

Appendix

プロフィール

@コ

Author:@コ
@コ(あっとこ)と申します。
ポケットモンスターの対戦向けの
記事を書いていきます。
好きなポケモンはガマゲロゲです。

でんえんに
ひろがるかわずの
こもりうた

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。