Entries

【S7 最終2006 555位】みがわりポリ2グロス軸~数的有利を作りミミッキュで締める構築~【シングル63】


【はじめに】
@コ(あっとこ)です。今回はシーズン7のシングルレートで使用した構築を紹介します。
※参考記事は全て無断掲載です。削除を依頼される場合はコメントよりご連絡ください。
(以下、常体)


【結果】
TN:atコ 最終レート2006 555位 225勝168敗
20180123_S7_結果


【構築概要】

785_0.png645-therian_0.png
376-megaevol_0.png778_0.png
637_0.png233_0.png

20180123_S7_構築概要

○QRレンタルチーム(※レンタルチーム整理の際に突如消す可能性有り。)
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-45C6-B956


続きを読む

【第3回ポケモン竜王戦予選 最終1750】ジメンZフェローチェ軸【伝説1体解禁シングル63】


【はじめに】

@コ(あっとこ)です。今回はインターネット大会「第3回 ポケモン竜王戦 予選」使用した構築を紹介します。
ルールは伝説ポケモンを1匹PTに入れる事が可能なシングル63となります。(デオキシス等の幻は使用不可。)
(以下、常体)


【結果】

TN:atコ 推定最終レート1750 30勝11敗
※レート1731の時にレート1811の相手に勝って終えた為、増減するレートが (-1731+1811)/25+16=+19.2≒+19 となる事から最終レート1750と推定した。


【構築概要】

537_0.png795_0.png
787_0.png303-megaevol_0.png
197_0.png250_0.png

20171204_竜王戦_Zドリルライナーフェローチェ軸


【コンセプト】

・先発フェローチェのとんぼがえりと後続2匹の削りでフェローチェの一貫性を作り、フェローチェを通して勝つ。
・フェローチェが通せない場合は、選出を高耐久のポケモンで固めて有利対面を能動的に作りに行き、メガクチートかホウオウを通して勝つ。


【本構築が出来るまでの経緯】

 まず、ジメンZフェローチェがこのルールで強いと考えた。理由はビーストブーストでAを上げる事でメジャーな伝説枠を上から1発で倒せてかつ、エスパーの一貫を切る目的で採用されやすい悪タイプと鋼タイプに強い為。次に、フェローチェな苦手なメガレックウザの相手が出来て、ネクロズマにも隙を見せづらいメガクチートが強いと考え、ジメンZフェローチェとメガクチートを構築の軸にする事とした。
 初手フェローチェと相手の伝説枠との対面を想定した時に、とんぼがえりで1度引いて終盤の崩しに向けてフェローチェを温存する動きを実現させる為には、クッションの役割を果たせる伝説枠が必要だと考えた。ゲンシグラードン・各種ネクロズマ・イベルタルの攻撃を出来る限り2回耐える事が出来る伝説枠を探したところ、ホウオウに行き着いた。C222ゲンシグラードンの威力150晴れ状態ふんかを涼しい顔で2回耐える事が出来る。日食月食ネクロズマはフェローチェ対面でウルトラバーストをしないと仮定すると条件を満たす。C201イベルタルがフェローチェ対面でデスウィングを撃ってくると仮定すると、デスウィング+ダークオーラZあくのはどうをたべのこし回復1回込みで耐える為、条件を満たす。
 フェローチェ+ホウオウ+クチートを基本選出とした時に、カイオーガとカプ・コケコの一貫性が気になった。ただ、出来る限り「Z+伝説+メガ」の基本選出を押し通したい為、怪しい考え方ではあるが選出抑制出来そうなポケモンを2匹探す事にした。その結果、水技と電気技を両方半減以下に出来るカプ・ブルルとガマゲロゲが構築に加入した。カプ・ブルルは相手が展開したサイコフィールドを消せる点、ガマゲロゲはみがわりとがむしゃらで相手の伝説枠とほぼ1:1交換出来得る点に魅力を感じた。上記の2匹でこだわりスカーフカプ・コケコを選出抑制した気になる事で、先発フェローチェとカプ・コケコの対面で強気にZドリルライナーを選択する事が出来た。(ただし、1回だけ先制されて出落ちした。)
 最後にメガレックウザと各種ネクロズマへのマークを厚くする目的でブラッキーを採用して本構築が出来上がった。


【選出パターン】

構築上の6匹を以下の2グループに定義する。
グループA:(パワーが高く積極的に選出したいポケモン)
フェローチェ、ホウオウ、クチート
グループB:(パワーは劣るがグループAが選出できない際に選出するポケモン)
カプ・ブルル、ガマゲロゲ、ブラッキー

・対グラードン、イベルタル、日食ネクロズマ、月食ネクロズマ
→「先発フェローチェ」+「ホウオウ」+「クチート」

・レックウザ
→「クチート」+「ホウオウorグループB」+「グループB」

・対カプ・テテフ+日食ネクロズマ、月食ネクロズマ
→「カプ・ブルル」+「グループAorブラッキー」+「グループA」

・対カイオーガ
→「先発フェローチェ」+「ガマゲロゲ」+「グループA」


続きを読む

【S6 最終2011】すべてはポリゴンZのために【シングル63】


【はじめに】
@コ(あっとこ)です。今回はシングルレーティング シーズン6で使用した構築を紹介します。

※参考記事は全て無断掲載です。削除を希望される場合はコメント欄よりご連絡ください。
(以下、常体)


【結果】
シーズン6 シングルレーティング
TN:atコ 最終レート2011
TN:YokohamaLily 最終レート1851
※TN=トレーナーナーム=ROM名
20171110_S6_結果
2017年11月10日3時30分更新時点


【構築概要】
474_0.png658_0.png
257-megaevol_0.png797_0.png
645-therian_0.png778_0.png

20171110_S6_すべてはポリゴンZのために


【コンセプト】
・先発でS操作を行い起点を作り、積みエース2匹で相手の3匹を倒す。
・先発と2番手でS操作と削りを入れて起点を作り、積みエース1体で相手の3匹を倒す。


【本構築を選択した経緯】
・多くの積みエースが相手の死に出しミミッキュに対してばけのかわを剥がすだけで倒されてしまう中、ばけのかわを剥がした上でダメージを与える事が期待できる永久保証ポリゴンZ(図太いBS振り)が積みエースとして強いと考えた。ユウキさんの「電磁波メガ+オニZVer.3 デンチュラゴーリ」のQRレンタルチームを使用し構築を丸パクリする事から始め、個人的に必要だと感じた要素をどんどん取り入れていった。ステルスロック撒きとしてランドロス霊獣、ポリゴンZの補完の積みエースとしてメガバシャーモとテッカグヤが入り、最終的には「ミシュラン5つ星カレー なんちゃって実はうんちスタン💩」のような並びとなった。

○参考記事
・電磁波メガ+オニZVer.3 デンチュラゴーリ ~第2回BFC優勝・SD1位~ / ユウキのめざめるパワー(氷)
http://d.hatena.ne.jp/yuki_rotom/20170924/1506240195
デンチュラ オニゴーリ ウツロイド メガギャラドス ポリゴンZ メガフーディン

・【S5使用構築:最高2174・最終2146 最終13位】ミシュラン5つ星カレー なんちゃって実はうんちスタン💩 / 絶対弱者
http://www.ponz-poke.com/entry/2017/09/12/130439
ランドロス霊獣 メガバシャーモ テッカグヤ メガガルーラ ミミッキュ ポリゴンZ


【基本戦術】
・先発出しが安定するランドロス霊獣、ミミッキュ、ゲッコウガでS操作を行いポリゴンZの起点にする。ポリゴンZでテクスチャーZを積む際に相手のポケモンが居座る事が多い為、ポリゴンZで目の前の1匹目を倒して削りきれなかった2匹目をメガバシャーモの加速の起点にする。ポリゴンZとメガバシャーモで1.5匹ずつ倒して勝利する事を狙いとしている。


【選出パターン】
選出のパターンは以下の2通り。
1、S操作役+積みエース+積みエース
2、S操作役+S操作役+積みエース

・S操作役→ランドロス霊獣、ミミッキュ、ゲッコウガ
・積みエース→ポリゴンZ、バシャーモ、テッカグヤ

続きを読む

【第8回JPNOPEN ベスト8】マンダポリ2軸切り返しサイクルその4【過去作ありシングル63】


【はじめに】
@コ(あっとこ)です。第8回JPNOPENで使用した構築を紹介します。
ルールは過去作産、VC産、サトシゲッコウガの使用が認められたシングル63です。

【ポケモンSM】第8回JPNOPEN開催要項【オフライン対戦会】/ JPN書記
http://jpokemon.blog.fc2.com/blog-entry-95.html

【第8回JPNOPEN】最終結果 / JPN書記
http://jpokemon.blog.fc2.com/blog-entry-96.html

(以下、常体)


【結果】
ベスト8
予戦 カナダブロック 7勝3敗 1位通過
決勝トーナメント 2勝1敗 ベスト8


【PT概要】

788_0.png591_0.png
233_0.png450f_0.png
681_0.png373-megaevol_0.png

20170923_JO_マンダポリ2軸切り返しサイクルその4

○PTコンセプト
・6体いずれも受け出しが可能なポケモンを採用し、交換により有利対面を作りに行き、お互い居座った時に殴り勝って数的有利を作りにいく。
・相手が数的不利を覆そうと積みによる崩しを行った場合はZ技を用いて阻止して数的有利を維持して勝利する。

○主な選出
・ギルガルド、ポリゴン2、ボーマンダ。この3匹で対処できない場合は他の3体を絡める。

続きを読む

【S5最終2000 441位】マンダポリ2軸4Z切り返しサイクル【シングル63】(簡易版)


【はじめに】
@コ(あっとこ)です。シーズン5で使用した構築を紹介します。
こちらは文章量が少ない簡易版となります。

通常版はこちら→ http://atsutokofrog.blog.fc2.com/blog-entry-45.html

(以下、常体)


【結果】
シーズン5 シングルレート 191勝131敗 最終レート2000 441位


【PT概要】

788_0.png591_0.png
233_0.png450f_0.png
681_0.png373-megaevol_0.png

20170912_S5_下からワンパンサイクル

○PTコンセプト
・6体いずれも受け出しが可能なポケモンを採用し、交換により有利対面を作りに行き、お互い居座った時に殴り勝って数的有利を作りにいく。
・相手が数的不利を覆そうと積みによる崩しを行った場合はZ技を用いて阻止して数的有利を維持して勝利する。
・積みによる崩しの阻止や構築上無理なポケモンの処理を考えていった結果、Z技持ちが4体となった。

○主な選出
・ギルガルド、ポリゴン2、ボーマンダ。この3匹で対処できない場合は他の3体を絡める。


続きを読む

Appendix

プロフィール

@コ

Author:@コ
@コ(あっとこ)と申します。
ポケットモンスターの対戦向けの
記事を書いていきます。
好きなポケモンはガマゲロゲです。

でんえんに
ひろがるかわずの
こもりうた

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR