Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://atsutokofrog.blog.fc2.com/tb.php/38-281d0362

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【第143回九尾杯ベスト8】居座り続けるガルーラ1【シングル63(バンク解禁前)】


こんばんは。@コ(あっとこ)です。
今回は第143回九尾杯でベスト8になった時のPTを紹介します。

〇結果
第143回九尾杯
スイスドロー予選5勝2敗 23位/176人中
決勝トーナメント3回戦で敗退 → ベスト8
http://silverfox151.blog28.fc2.com/blog-entry-187.html
九尾杯予選順位


〇PT概要

115-m.png445.png
730.png462.png
105-a.png795.png

20161217_九尾杯(理想)
※実際に使用したPTに妥協箇所がある為、理想個体である時の実数値と技で掲載します。


〇このPTを作ろうと思ったきっかけ
・対戦環境がリセットされ出回る情報が少ない中、レート最速2000を達成された方が使っていた拘りスカーフ持ちカプ・コケコ始動のPTが非常にうっとおしく強く感じたので、これのメタから構築を組む事にした。カプ・コケコ+メガボーマンダ+ギルガルドから弱点を突かれずにこちらが一方的に弱点を突けるポケモンを探した所、「弱点の突かれづらさ」・「優れた耐久力」・「怪獣特有の技範囲の広さ」が健在のメガガルーラに行き着いた。

・参考記事
【サンムーン・シングル】レーティングSeason1 最速レート2000構築 / 変わらずの意志
http://www.evervolition.com/entry/2016/12/01/015845


〇個別解説
※ダメージ計算は命中・急所非考慮としてます。
※参考記事のリンクは全て無断です。掲載に問題があれば削除致します。
※ポケモン名(アローラのすがた)は「ポケモン名+A」と表現する事もあります。

1、ガルーラ
115-m.png
性格:いじっぱり
配分:メガ前→211(244)-126-110(76)-71(148)-101(4)-115(36)
    メガ後→211(244)-159-130(76)-89(148)-121(4)-125(36)
技:すてみタックル じしん れいとうビーム 10まんボルト
持ち物:ガルーラナイト
特性:きもったま→おやこあい

・親子愛地震がB106カプ・コケコに対して142~170ダメ。H145B106なら94.53%の確率で突破。
・親子愛冷凍ビームがD111メガボーマンダに対して136~164ダメ。
・親子愛10万ボルトがD122テッカグヤに対して60~74ダメ。親10万ボルトでH51D122のみがわりを87.5%の確率で割れる。
・フィールド親子愛10万ボルトがD122テッカグヤに対して94~112ダメ。
・親子愛10万ボルトがD65パルシェンに対して116~140ダメ。H125D65パルシェンなら62.89%の確率で突破。
・A121カプ・コケコの蜻蛉帰り+A166メガボーマンダの1段階上昇スキン捨て身タックルが181~214ダメ。95.31%の確率で耐える。
・C147カプ・コケコのフィールドZ10万ボルトが180~213ダメ。93.75%の確率で耐える。

・意地っ張りHCメガガルーラ。拘りスカーフ持ちカプ・コケコ始動の構築へのメタとして採用。カプ・コケコ対面では地震から入り、相手の蜻蛉帰りで地震を透かすポケモンが出てきたとしても、メガガルーラを交代させずに冷凍ビームや10万ボルトで突っ張る事も出来るようにした。
・HBCはカプ・コケコの蜻蛉帰りから出てきたメガボーマンダが竜の舞を1回積んだ状態で生き残れないように調整し、Aは親子愛地震でH145B106カプ・コケコを倒せるA159まで確保。Sは準速パルシェンと最速テッカグヤを抜けるS125に設定。ここで性格をやんちゃしてもよいかDを下げるデメリットを考えた所、H211D121でC147カプ・コケコのフィールドZ10万ボルトを耐える事がわかったので性格は意地っ張りにした。
・Sは最速テッカグヤ抜きにしたが、実際にメガガルーラと残飯テッカグヤが対面した時にテッカグヤ側が身代わりを残して勝ってしまった為、S125については再考の余地がある。


2、ガブリアス
445.png
性格:ようき
配分:183-182(252)-116(4)-90-105-169(252)
技:げきりん じしん ストーンエッジ どくづき
持ち物:こだわりスカーフ
特性:さめはだ

・積みストッパー兼終盤の抜きエース役として陽気拘りスカーフで採用。臆病スカーフカプ・テテフや臆病ポリゴンZを意識した。
・ASぶっぱの先制技意識のB4振り。逆鱗地震以外に選択した技は、地震を透かしにくる飛行タイプに通るストーンエッジと7世代で蔓延ったフェアリーに通りやすい毒づき。フェアリータイプと飛行タイプを同居させている構築が多い為、選出頻度は控えめ。


3、アシレーヌ
730.png
性格:ひかえめ
配分:186(244)-84-124(236)-165(28)-136-80
技:うたかたのアリア ムーンフォース アンコール アクアジェット
持ち物:オボンのみ
特性:げきりゅう

・ムーンフォースがD115キングドラに152~182ダメ。H151D115キングドラなら確定で突破。

・止めづらい水Zパルシェンとキングドラへのあからさまな対策として採用。「HBオボンアシレーヌの対面性能が高い」という噂を鵜呑みにしてこの型にした所、物理型の大半が水かフェアリーで弱点が突ける事から、物理型との殴り合いや緊急的な引き先として活躍してくれた。


4、ジバコイル
462.png
性格:おくびょう
配分:151(44)-67-135-182(252)-110-117(212)
技:10まんボルト ラスターカノン めざめるパワー霊 どくどく
持ち物:デンキZ
特性:がんじょう

・D116進化の輝石ポリゴン2に対して、毒(1/16)+10万ボルト+毒(2/16)+Z10万ボルトが191~221ダメ。H191D116なら確定で突破。
・めざ霊がD101ガラガラAに対して82~98ダメ。H167D101ガラガラAなら98.05%の確率で2発で突破。
・めざ霊がD145ガラガラAに対して58~70ダメ。

・鋼タイプと電気タイプを詰め込みたいとまで考えて型を悩んでいた所でアイテムさんの記事に辿り着き、'得意な相手をワンキルする目的でZクリスタルを持たせる'、'テッカグヤの型をある程度割り切る'という考え方に共感出来た。その為構成も似たものにした。
・Cに振り切り、Sは準速テッカグヤと4振り95族を抜けるS117に設定、残りはHに振った。毒毒→10万ボルト→Z10万ボルトの手順でH191D116進化の輝石ポリゴン2を突発する事も可能。
・めざパについて、初めは汎用性が高そうな氷にしていたが、ガラガラAに打点が持てない事が想像以上にキツく、交換読み毒毒を決めたとしても負ける事が多々あった為、交換読みを勝ちに直結出来るようにガラガラAに対して抜群のめざパを採用する事にした。ガラガラAがD振りだとわかれば、安心してアシレーヌに引く事が出来る。タイプの選択肢が地,水,岩,霊,悪の5択となるが、その中から等倍の範囲が広くレベル50の時点でCを削らなくてもよいめざ霊を選択した。(九尾杯はめざ悪で妥協。)

・参考記事
【シングル】SMマンマンジバコ【SD使用構築】 / やはり俺のポケモンは間違っている はるのんが一番可愛い異論は認めん
http://aitemupoke.hatenablog.com/entry/2016/12/03/171515


5、ガラガラ(アローラのすがた)
105-a.png
性格:しんちょう
配分:167(252)-101(4)-130-63-145(252)-65
技:フレアドライブ シャドーボーン ほねブーメラン おにび
持ち物:ふといほね
特性:ひらいしん

・C222メガゲンガーのシャドーボールが138~164ダメ。確定で耐える。

・ガルーラ対カプ・コケコの対面でボルトチェンジを選択されてしまうとガルーラが相手にダメージを与えられずに倒されて戦術が破綻する為採用。
・配分は殴り合える範囲を広げる為に一致シャドーボールや電気タイプのめざ地を意識した慎重HD残りA。ガラガラAで誰かを倒せたとしても、ボーマンダ・ギャラドス・ガブリアスの起点になる事は免れないので4枠目の技はそれらに抵抗する目的で鬼火を選択。
・電気タイプを2体採用しているPTやフェローチェ入りに対してピンポイント気味に選出する。


6、フェローチェ
795.png

性格:やんちゃ
配分:147(4)-207(252)-57-157-51-203(252)
技:とんぼがえり とびひざげり どくづき れいとうビーム
持ち物:きあいのタスキ
特性:ビーストブースト(Aアップ)

・PT全体であまりにもSが遅い為、ポリゴン2に一致抜群が突ける高速アタッカーとして採用。ビーストブーストでAが上がるようにし、終盤の抜きエースへと昇華させる展開が理想的。Sも最速130族を抜いているので十分。ゴーストタイプや先制技持ちに極端に弱いので、選出する場面を選ぶポケモン。


○主な選出の仕方と勝ち方
・ガルーラ+アシレーヌ+ジバコイル
→ガルーラ・ジバコイルの殴り合える性能を活かして相手のポケモンを1体倒し、そこから押し勝つ。
・ジバコイル+アシレーヌ+フェローチェorガブリアス
・ガルーラ+ジバコイル+フェローチェorガブリアス
→ガブリアスかフェローチェの圏内に入れてスイープする。


〇おまけ
・第143回九尾杯で実際に使用した個体の情報。(上が使用個体で下が理想個体)
20161217_九尾杯(使用)
20161217_九尾杯(理想)


以上となります。
ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://atsutokofrog.blog.fc2.com/tb.php/38-281d0362

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

@コ

Author:@コ
@コ(あっとこ)と申します。
ポケットモンスターの対戦向けの
記事を書いていきます。
好きなポケモンはガマゲロゲです。

でんえんに
ひろがるかわずの
こもりうた

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。