FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://atsutokofrog.blog.fc2.com/tb.php/51-d5bff1e6

トラックバック

コメント

[C33]

エアームドにつのドリルを打ったらだめだで
  • 2018-03-19 10:34
  • syamu
  • URL
  • 編集

[C34] Re: タイトルなし

> エアームドにつのドリルを打ったらだめだで

syamuさんコメントありがとうございます。
そして、ドリュウズでエアームドにつのドリルを撃つ理由の記載が足りず、申し訳ございません。
まず、エアームドの特性ががんじょうですと、つのドリルを含む一撃必殺技が無効となります。
しかし、ドリュウズの特性がかたやぶりですと、相手のエアームドの特性がんじょうが無効となる為、つのドリル含む一撃必殺技が有効となります。
その為、自分のドリュウズと相手のエアームドが対面したら積極的につのドリルを撃っておりました。
  • 2018-03-19 22:06
  • @コ
  • URL
  • 編集

[C35]

ギルガルドがとても重そうに見えるのですが、どのように対処なさっていたのでしょうか?
(特にギャラガルドなどのガッサ選出が必要な場面において)
また、その他鋼タイプにはPPを枯らす立ち回りをするのでしょうか?
ご教授願います。

[C36] Re: タイトルなし

> ギルガルドがとても重そうに見えるのですが、どのように対処なさっていたのでしょうか?
> (特にギャラガルドなどのガッサ選出が必要な場面において)
> また、その他鋼タイプにはPPを枯らす立ち回りをするのでしょうか?
> ご教授願います。

まず、仰るようにこの構築は地面タイプが2匹いるのにも関わらず、ギルガルドが非常に重いです。
素ボーマンダとドリュウズが一応後出しからゴーストZを耐えて切り返す事が出来はします。
ただし、ボーマンダはどくどくを入れられてしまうと、ドリュウズはじしんを耐えられてせいなるつるぎを撃たれてしまうと負けです。
その為、基本的にはゴーストZをボーマンダかドリュウズに吐かせてからドヒドイデで粘って削って交換してを繰り返してました。
他にはメガボーマンダのりゅうのまい捨て身タックルでブレードフォルムギルガルドを倒したり、ドリュウズで上から殴らせてくれて倒したりしていました。
さて本題です。キノガッサを絡める場合はシャドーボールのPPを枯らす事を最優先に考えて立ち回ります。
キノコのほうしを使い続けると自分のPPだけが一方的に減ってしまうので、キノコのほうしは自分のHPを回復する目的のみで使用します。
相手のギルガルドの方が早かったらシャドーボールで落ちるラインを頭に入れながらみがわりを残すべき場面かを考えましょう。
駄文となりましたが以上となります。
  • 2018-03-30 23:24
  • @コ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【S8 最終2008 284位】カバドリ~HBカバルドン+HDドリュウズ~【シングル63】


【はじめに】
@コ(あっとこ)です。今回はシーズン8のシングルレートで使用した構築を紹介します。
(以下、常体)


【結果】
TN:atコ 最終レート2008 284位 121勝77敗
20180313_S8_結果


【構築概要】

286_0.png450f_0.png
530_0.png373-megaevol_0.png
748_0.png488_0.png

20180313_S8_構築概要

○QRレンタルチーム(※レンタルチーム整理の際に突如消す可能性有り。)
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4911-A79F


【コンセプト】
・有利対面を能動的に作り、体力を温存しつつ相手の交代先に負荷をかけ続けて勝つ。
・どくどく、どくびし、トリック、みかづきのまいを用いてメガボーマンダの抜き筋を作って勝つ。


【選出時に考えている事】
・選出する3匹は相手の6匹に対して交代から勝つ事が出来るポケモンを選択する。
・カバルドンに強いポケモンが相手の先発として出てくる事が多い為、そのポケモンに強いポケモンをこちらの先発として出す。
・また、回復技を持たないポケモンは交代できる回数に限りがある為、出来る限り先発で出す。


【本構築が出来るまでの経緯】
・昨今ゲッコウガの型がますます増えている中で、ゲッコウガを能動的に対策出来るポケモンが構築に必要だと感じた。該当するポケモンを考えた所、ゲッコウガに加えてミミッキュも同時に対策出来うるドヒドイデが浮上した。ドヒドイデを含む受け回し構築で恒常的に結果を残しているむくれねこさんの「ハメ撮りマンダ受けサイクル」を始点にS8の構築を考える事にした。
「ハメ撮り受けサイクル」の構築を使う事で以下の3点に強みを感じた。
1.サイクルで削ってからD振りメガボーマンダを通す動きが強い。
2.ゲッコウガにみがわりを残されようが、ドヒドイデを出しておけば安心して勝てる点が強い。(じんつうりきの採用率は3%)
3. 相手の物理技主体のポケモンや低速のポケモンを起点にポイズンヒールキノガッサを展開出来る点が強い。
また、改悪となる可能性はあるが、自身が扱いやすいように以下の2点を変更する事にした。
1.ドリュウズをカプ・コケコやカプ・テテフに後出しが安定するようにD耐久を上げる。
2.ドリュウズに代わるこだわりスカーフを持った奇襲性のある潰し枠を採用する。奇襲性を求めたのは、こだわりスカーフ持ちのポケモンを含めてサイクルを回すと、こだわりスカーフを持ったポケモンが足を引っ張る為である。
上記2点を踏まえ、「エアームドとバンギラス」を「クレセリアとカバルドン」に変更して構築が完成した。

○参考記事
【USMシングル】ハメ撮りマンダ受けサイクル / カバドリラティはつよい
http://hetyamukure576.blog60.fc2.com/blog-entry-220.html


【個別解説】
※掲載順は採用した順番。
※ダメージ計算は命中、急所、追加効果非考慮。確率計算において小数点以下は四捨五入している。
※不要箇所のA実数値は個体値0として表記、C実数値は個体値31として表記。(実際に使用した数値とは異なる。)

1、ドヒドイデ
748_0.png
性格:ずぶとい
配分:157(252)-61-224(252)-73-163(4)-55
技:ねっとう どくびし くろいきり じこさいせい
持ち物:くろいヘドロ
特性:さいせいりょく

・構築の要。型の増加によりますます能動的に勝つ事が難しくなったゲッコウガとミミッキュをまとめて能動的に相手に出来る点を評価して採用した。技は物理技主体のポケモンにやけどを入れて裏の起点にしたりやドヒドイデで詰ませたりしたかった為、攻撃技はねっとうを選択。特性さいせいりょくがあるものの、相手の技連打に対して交代を強要されたくない為のじこさいせい、相手の積みをリセット出来るくろいきり、バトン構築に対するメタとしてのどくびしをそれぞれ採用した。持ち物はZシャドークローミミッキュに対して安全に勝ちたかった事と8ターン以上居座る事が多い事からくろいヘドロを選択した。

○配分意図
・HB→振り切り。A156ミミッキュのA2段階上昇Zシャドークロー+シャドークローを耐える目的。
・D→残り。技を受ける事が多い為、少しでもダメージを減らしたかった。

○ダメージ計算
・A156ミミッキュのA2段階上昇Zシャドークロー+シャドークローが137~164ダメ。くろいヘドロの回復1回(9回復)込みで100%の確率で耐える。
・C155ゲッコウガのげきりゅうZハイドロカノンが80~95ダメ。
・C155ゲッコウガのげきりゅうねっとう2回+げきりゅうZハイドロカノンが146~173ダメ。くろいヘドロの回復2回(18回復)込みで100%の確率で耐える。

○参考記事
【USMシングル】ハメ撮りマンダ受けサイクル / カバドリラティはつよい
http://hetyamukure576.blog60.fc2.com/blog-entry-220.html
→配分と技をそのまま使用した。


2、メガボーマンダ
373-megaevol_0.png
性格:ようき
配分:
メガ前 201(244)-155-100-117-126(204)-140(60)
メガ後 201(244)-165-150-126-136(204)-162(60)
(推奨:メガ後 201(244)-165-150-126-135(196)-163(68))
技:すてみタックル りゅうのまい みがわり はねやすめ
持ち物:ボーマンダナイト
特性:いかく→スカイスキン

・軸としての採用。選出した時はメガボーマンダを通す事を意識しながら立ち回る。速いSからみがわりとはねやすめを連打する事で圧倒的なPP枯らし性能を持つ。めざめるパワー氷や不一致れいとうビームを始め、メガボーマンダへの有効打となる技のPPを枯らす。メガボーマンダのPPが枯れたり、毒毒や凍りの状態異常が入ってしまったりしたら、味方のクレセリアの速いみかづきのまいでPPを回復させて相手を更に追い詰める。相手が有効打となる技のPPを節約する素振りを見せたらこちらはりゅうのまいを使い、有効打となる技の使用を強制させる。
・性格しんちょうS150の配分を使っていたが、相手のグライオンに上からどくどくを使われて負ける事が多発した為、最速グライオン抜きのS162に設定した。特殊技をたくさん被弾する以上、Dをこれ以上削りたくなく、最速ミミッキュに抜かれて負けたらS163に変えようと考えていたが、ミミッキュに抜かれる事がないままシーズン8を終えた。しかし、3月17日開催のカントーポケモンオフにて最速ミミッキュに同速負けして予選抜けを逃した為、S163の配分を強く推奨する。
・攻撃技は火力に振らなくとも耐久無振りミミッキュと耐久無振りカプ・テテフを、りゅうのまい1積みでカミツルギを倒せるすてみタックルを選択した。

○配分意図
・S→最速グライオン抜き。
・HD→残り全部。めざめるパワー氷やれいとうビームをはねやすめで受けた時の回復量を少しでも増やしたかった為、残り全部の努力値を割いた。ついでにC205ウルガモスのC1段階上昇Zはかいこうせんを耐える。めざめるパワー氷ウルガモスには勝てないが、最速グライオンを抜く事を優先させた。

○ダメージ計算
・C205ウルガモスのC1段階上昇Zはかいこうせんが170~200ダメ。100%の確率で耐える。
・C232メガリザードンYのめざめるパワー氷が156~188ダメ。100%の確率で耐える。
・C200カプ・テテフのムーンフォースが158~188ダメ。100%の確率で耐える。
・C200カプ・テテフのサイコフィールドこだわりメガネサイコキネシスが169~199ダメ。100%の確率で耐える。
・A170C222ギルガルドのZシャドーボールをボーマンダで、A1段階下降かげうちをメガボーマンダで受けた時のダメージは178~211ダメ。77%の確率で耐える。
・H135B151カミツルギにA1段階上昇スカイスキンすてみタックルが133~157ダメ。94%の確率で倒せる。
・H131B100ミミッキュにスカイスキンすてみタックルが135~159ダメ。100%の確率で倒せる。
・H145B96カプ・テテフにスカイスキンすてみタックルが139~165ダメ。75%の確率で倒せる。

○参考記事
【USMシングル】ハメ撮りマンダ受けサイクル / カバドリラティはつよい
http://hetyamukure576.blog60.fc2.com/blog-entry-220.html
→技をそのまま使用した。配分はSに多く割いたものを使用した。


3、キノガッサ
286_0.png
性格:わんぱく
配分:163(220)-151(4)-145(252)-72-81(4)-94(28)
技:きあいパンチ みがわり キノコのほうし まもる
持ち物:どくどくだま
特性:ポイズンヒール

・雨対策兼あくびループを抜けられるポケモン。相手の物理技主体のポケモンを起点にキノコのほうしとみがわりによる嵌めに移行出来る。まもるを採用する事によってPP枯らしによる勝ち筋を得られるほか、ちょうはつ、みがわり、みがわり貫通技を持っていない相手に対してHPを最大限まで回復させて次に備える事が可能となる。攻撃技をきあいパンチにする事によってみがわりを貫通してくるメガガルーラを1撃で倒す事が出来る。S8でつるぎのまいキノガッサやヒコウZギャラドスが増加した事により逆風であると感じたが、雨パとメガクチート入りに対してはこのポケモンを絡めないと勝つ事が出来なかった為、構築から抜く事は出来なかった。
・きあいパンチという技を使って気付いたのだが、集中力が途切れてきあいパンチが失敗するとPPが減らないという仕様がある。相手のモロバレルのイカサマ以外の技のPPを枯らして、こちらはきあいパンチ以外のPPが枯れてしまった為、きあいパンチを連打していたのだがこちらのPPが一向に減らない。イカサマのダメージ(19~22)がポイズンヒールの回復量(20)と同等の為、実質ダメージを受けずにイカサマのPPを一方的に枯らして勝つ事に成功した。また、やけどをしていて飛行技を持っていないラス1ぼうじんバルジーナも嵌める事が出来る。

○配分意図
・S→速めの50族、60族抜き。無振りメガハッサム抜かれ。
・HB→残り。可能な限りB耐久を上げた。

○ダメージ計算
・A207メガギャラドスのA1段階上昇こおりのキバが106~126ダメ。
・A197メガメタグロスのかたいツメれいとうパンチが102~123ダメ。みがわり(H41)が100%の確率ではれる。
・A194メガガルーラのおやこあいすてみタックルが113~135ダメ。100%の確率で耐える。
・A174までの霊獣ランドロスのじしんを受けてもみがわり(H41)が100%の確率で残る。
・A174霊獣ランドロスのじしんが33~40ダメ。
・不一致イカサマが19~22ダメ。56%の確率でポイズンヒールの回復量(20)を上回らない。

○参考記事
【USMシングル】ハメ撮りマンダ受けサイクル / カバドリラティはつよい
http://hetyamukure576.blog60.fc2.com/blog-entry-220.html
→配分と技構成をそのまま使用した。

【S6-最高最終2124&終盤トップ2独占】ボリュッキュキノポリンガー / 底なし沼
http://numagorira.hatenadiary.jp/entry/2017/11/10/085118
→参考元の参考元。立ち回りを煮詰める際にお世話になった。


4、ドリュウズ
530_0.png
性格:しんちょう
配分:208(180)-156(4)-84(28)-63-125(228)-117(68)
技:じしん アイアンヘッド つのドリル どくどく
持ち物:フィラのみ
特性:かたやぶり

・カプ・コケコとカプ・テテフに受け出し出来るポケモンとして採用。相手のポリゴン2、カバルドン、ヤドランに対してどくどくを入れて味方のメガボーマンダの抜き筋を作る役割も担ってもらった。有利対面時に相手がじしん無効のポケモンを出してくる事が多い為、テッカグヤ以外にどくどくがよく刺さる。
・じしんは特性かたやぶりを最大限に活かせる為採用。アイアンヘッドはカプ・テテフへの有効打を持たないと先に削りきられる為採用。つのドリルはエアームドを始めとするどくどく無効の受けポケモンに刺す為に採用。ドリュウズの特性がかたやぶりであり相手の特性がんじょうを無効にする為、がんじょうエアームドにもつのドリルが有効となる。また、「2積みしないでください。」というメッセージを込めてつのドリルを使う事もある。半分回復実がフィラのみである理由は、トリックされた際に相手のポケモンを混乱させる目的である。ただし、このポケモンがトリックを被弾する事は一度もなかった。
・本構築の話とは外れるが、初手にZゲッコウガを出すと相手のカプ・コケコとスカーフカプ・テテフがネックとなる為、このドリュウズをクッションにする事で初手の出落ちを回避する事が可能となる。受け構築でなくとも初手でZゲッコウガを通しに行く構築を使う人にもこのドリュウズをオススメしたい。

○配分意図
・HD→C200カプ・テテフのサイコフィールドこだわりメガネサイコキネシスを2回耐えてフィラのみが発動するようにした。
・HB→A197不一致じしんを耐えられるようにした。
・S→遅いS4振りカプ・テテフ抜き。
・A→残り。

○ダメージ計算
・C200カプ・テテフのサイコフィールドこだわりメガネサイコキネシスが91~108ダメ。90%の確率で2回耐えてフィラのみが発動する。
・C182カプ・テテフのサイコフィールドこだわりメガネサイコキネシスが83~98ダメ。100%の確率で2回耐えてフィラのみが発動する。
・A197不一致じしんが178~210ダメ。94%の確率で耐える。
・A133カバルドンのじしんが180~212ダメ。88%の確率で耐える。
・H131B100ミミッキュにアイアンヘッドが140~168ダメ。100%の確率で倒せる。

○参考記事
S5使用構築 最終2137 16位 / かげふみきゃっち
http://roshipoke.hatenablog.com/entry/2017/09/12/124158
→カプ・コケコとカプ・テテフと受け構築に強いHDドリュウズを参考にした。


5、クレセリア
488_0.png
性格:ひかえめ
配分:195-67-141(4)-139(252)-150-137(252)
技:サイコキネシス れいとうビーム トリック みかづきのまい
持ち物:こだわりスカーフ
特性:ふゆう

・相手の積みと受けに対する潰し役として採用。アーゴヨン、霊獣ボルトロスに積み技を使わせて上からの攻撃技で潰しに行く。素の耐久力が高い事も利点であり、アーゴヨンのZりゅうせいぐん、霊獣ボルトロスのわるだくみ10万ボルトまでなら耐える事が出来る。霊獣ボルトロスのわるだくみZ10まんボルトは耐える事が出来ない為、霊獣ボルトロスを見たら可能な限り初手に出していきたい。
・トリックは受け構築ミラーやメガボーマンダの起点に出来る技で拘らせたいときに使用する。相手がZとメガストーンを持っていた場合はトリックが不発に終わるが、クレセリアから引かない相手を把握しておけばだいたいは決まる。速いみかづきのまいという点もまた強く、味方のメガボーマンダのPPを回復させたり、毒毒や凍り状態を治したりしていた。受け構築に対してはドリュウズのつのドリルを16回使えるようにする事も出来る。
・メガボーマンダのような受けと積みを両立したポケモンを含む受け構築を使っている人に対してこのクレセリアをオススメしたい。

○配分意図
・C→耐久無振りアーゴヨンを確実に落とす為に振り切った。
・S→メガゲンガーとS補正でないフェローチェを抜けるように振り切った。
・B→残り。特別な理由はない。

○ダメージ計算
・H148D94アーゴヨンにサイコキネシスが152~180ダメ。100%の確率で倒せる。
・H135D116メガゲンガーにサイコキネシスが122~146ダメ。44%の確率で倒せる。
・H135D116メガゲンガーにサイコキネシス+砂(8ダメ)2回が138~162ダメ。100%の確率で倒せる。数的有利をとった状態でメガゲンガーが来た場合、カバルドンに引く事でメガゲンガーの配分がCSなら砂ダメでサイコキネシス圏内に、HSならカバルドンのじしんで倒す事が出来る。
・H186D101霊獣ボルトロスにれいとうビームが94~112ダメ。100%の確率で2回で倒せる。
・H145D91メガルカリオにサイコキネシスが78~93ダメ。100%の確率で2回で倒せる。
・C222メガゲンガーのシャドーボールが134~162ダメ。100%の確率で耐える。
・C179アーゴヨンのZりゅうせいぐんが132~152ダメ。100%の確率で耐える。
・C216霊獣ボルトロスのC2段階上昇10まんボルトが147~174ダメ。100%の確率で耐える。

○参考記事
・【USMシングル】毒毒毒毒茸サイクル / カバドリラティはつよい
http://hetyamukure576.blog60.fc2.com/blog-entry-219.html
→アーゴヨンの登場により、受け構築におけるこだわりスカーフサイコキネシスの需要がある事をこの記事で理解した。

・S7使用構築 ロトムレヒレサイクル【最高最終2212】 / 自覚ポケモン育成計画
http://ebikann.hatenablog.com/entry/2018/01/24/112435
→S7最終1位の記事。7世代においてもトリックが有用である事を参考にした。

・NUループ / めざ草撲滅管理局関西支部
ブログ削除済みの為、URLの記載なし。
→5世代の時にスカーフクレセリア入り受けループが存在した事を思い出すきっかけとなった。


6、カバルドン
450f_0.png
性格:わんぱく
配分:215(252)-132-187(252)-79-93(4)-67
技:じしん こおりのキバ あくび なまける
持ち物:ゴツゴツメット
特性:すなおこし

・メガメタグロスとメガボーマンダに受け出し出来るポケモンとして採用。メガボーマンダへの遂行技としてこおりのキバとなまけるとあくびかどくどくが必須となり、メガメタグロスへの打点となるじしんを採用して技構成が固まった。ブラッキーやバルジーナの採用も考えたが、受け構築において「おいうち」を採用しない以上、メガゲンガーを1撃で倒せる要素を増やしたかった為、カバルドンが適任だと判断した。

○配分意図
・HB→振り切り。A216メガボーマンダのスカイスキンすてみタックルを2回耐える確率を上げた。
・D→残り。C191メガゲンガーのシャドーボールを2回耐える確率を上げた。

○ダメージ計算
・A156ミミッキュのA2段階上昇ぽかぼかフレンドタイムが178~211ダメ。100%の確率で耐える。
・A216メガボーマンダのスカイスキンすてみタックルが94~112ダメ。85%の確率で2回耐える。
・A197メガボーマンダのA1段階上昇スカイスキンおんがえし(=やつあたり)が109~129ダメ。2回耐える確率は0%。その為、カバルドンを交代で出す際にりゅうのまいを使われた場合は、こおりのキバかなまけるかの択になる。
・C191メガゲンガーのシャドーボールが93~111ダメ。94%の確率で2回耐える。
・H201B151メガボーマンダにこおりのキバが88~108ダメ。
・H201B151メガボーマンダにA1段階下降こおりのキバが60~72ダメ。


【スペシャルサンクス】
(以下、敬体)

・むくれねこさん
→「ハメ撮りマンダ受けサイクル」のQRを使わせて頂きありがとうございました。おかげ様でアイデアがどんどん湧いてきました。

・くらうでぃあさん、椛さん、ろみんぐさん
→メガボーマンダ対テッカグヤの立ち回り方について教えて頂きありがとうございました。レート終盤にテッカグヤに対して強気に立ち回る事が出来て功を奏しました。

・野上さん
→ひかえめクレセリアの個体を貸して頂きありがとうございました。


ここまで読んで頂きありがとうございました。
また次の記事でお会いしましょう。


20180313_S8_サムネイル用トレーナーカード


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://atsutokofrog.blog.fc2.com/tb.php/51-d5bff1e6

トラックバック

コメント

[C33]

エアームドにつのドリルを打ったらだめだで
  • 2018-03-19 10:34
  • syamu
  • URL
  • 編集

[C34] Re: タイトルなし

> エアームドにつのドリルを打ったらだめだで

syamuさんコメントありがとうございます。
そして、ドリュウズでエアームドにつのドリルを撃つ理由の記載が足りず、申し訳ございません。
まず、エアームドの特性ががんじょうですと、つのドリルを含む一撃必殺技が無効となります。
しかし、ドリュウズの特性がかたやぶりですと、相手のエアームドの特性がんじょうが無効となる為、つのドリル含む一撃必殺技が有効となります。
その為、自分のドリュウズと相手のエアームドが対面したら積極的につのドリルを撃っておりました。
  • 2018-03-19 22:06
  • @コ
  • URL
  • 編集

[C35]

ギルガルドがとても重そうに見えるのですが、どのように対処なさっていたのでしょうか?
(特にギャラガルドなどのガッサ選出が必要な場面において)
また、その他鋼タイプにはPPを枯らす立ち回りをするのでしょうか?
ご教授願います。

[C36] Re: タイトルなし

> ギルガルドがとても重そうに見えるのですが、どのように対処なさっていたのでしょうか?
> (特にギャラガルドなどのガッサ選出が必要な場面において)
> また、その他鋼タイプにはPPを枯らす立ち回りをするのでしょうか?
> ご教授願います。

まず、仰るようにこの構築は地面タイプが2匹いるのにも関わらず、ギルガルドが非常に重いです。
素ボーマンダとドリュウズが一応後出しからゴーストZを耐えて切り返す事が出来はします。
ただし、ボーマンダはどくどくを入れられてしまうと、ドリュウズはじしんを耐えられてせいなるつるぎを撃たれてしまうと負けです。
その為、基本的にはゴーストZをボーマンダかドリュウズに吐かせてからドヒドイデで粘って削って交換してを繰り返してました。
他にはメガボーマンダのりゅうのまい捨て身タックルでブレードフォルムギルガルドを倒したり、ドリュウズで上から殴らせてくれて倒したりしていました。
さて本題です。キノガッサを絡める場合はシャドーボールのPPを枯らす事を最優先に考えて立ち回ります。
キノコのほうしを使い続けると自分のPPだけが一方的に減ってしまうので、キノコのほうしは自分のHPを回復する目的のみで使用します。
相手のギルガルドの方が早かったらシャドーボールで落ちるラインを頭に入れながらみがわりを残すべき場面かを考えましょう。
駄文となりましたが以上となります。
  • 2018-03-30 23:24
  • @コ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

@コ

Author:@コ
@コ(あっとこ)と申します。
ポケットモンスターの対戦向けの
記事を書いていきます。
好きなポケモンはガマゲロゲです。

でんえんに
ひろがるかわずの
こもりうた

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。