FC2ブログ

Entries

【S12 最終2011 202位】S11最終6位リスペクト"カバマンダガルド"【シングル6→3】

【はじめに】
@コ(あっとこ)です。今回はシーズン12で使用した構築を紹介します。
前回の「まきびしゲコミミマンダ」同様、前シーズンの上位構築から自身が使用する構築を選択し、S11最終6位の構築をほぼそのまま使用しました。その為、構築内容の解説についてはこちらの記事をご覧ください。

○参考記事
【ポケモンUSUM】シーズン11使用構築 カバマンダガルド 最終2163 6位 / ゲーム部プロジェクト
https://gameclubproject.jp/kaede-pokemon-s11/


【結果】
TN:atコ 最終レート2011 202位 268勝203敗
20181106_S12_結果


【構築概要】
681_0.png658_0.png
785_0.png450_0.png
373-megaevol_0.png778_0.png

20181106_S12_構築概要

○QRレンタルチーム(突如削除する可能性あり)
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4876-BEF2
・なつき度の仕様上、ボーマンダのおんがえしをすてみタックルに変更。
・同じ並びのQRに擬態する目的で配置を変更。


【コンセプト】
・構築上はあらゆる要素を併せ持たせる事でうまく噛み合えばあらゆる相手に対応できるようにしておき、実戦での立ち回りにおいて相手を上回って勝つ。
・初手ゲッコウガで考慮されづらい技を通して数的有利を作り、それを守って勝つ。

○各ポケモンが持っている要素(対面※1・積み・サイクル)
・ギルガルド→対面・サイクル
・ゲッコウガ→対面
・カプ・コケコ→対面・積み
・カバルドン→積み(補佐役)・サイクル
・ボーマンダ→対面・積み・サイクル
・ミミッキュ→対面・積み

※1→本記事では1対1で勝ちやすい性能を持っているポケモンを対面性能が高いと表記する。


【本構築を選択した過程】
1、ブログを読む。
2、動画を見る。
3、使う構築の目星をつける。
4、公開されているQRを上から順番に使う。 (時間の都合上、上位4つのみ。各10戦以上)
5、使う構築を決定。

この過程を経て、S11最終6位の「カバマンダガルド」を使用する事に決めた。
決定した理由は下記の通りとなる。
1、動画で実際に使っている様子を見られた為、使用イメージが湧きやすかったから。
2、立ち回りにおいて使用者と自分との差を埋めれさえすればレートが伸びていくだろうと考えたから。
3、自身があらゆる要素を持つ構築を使う事を苦手としていた為、これを機に克服したかったから。


【立ち回りにおいて意識した事】
・自分の勝ち筋と自分の負け筋と相手の勝ち筋と相手の負け筋を出来るだけ多く想像して、相手の勝ち筋に食らいつく行動を選択する。
・即死しない行動が安定行動に見えても即負けに繋がる事もあるので、1手1手をその都度考える。
・行動がループする際は少しずつ出す手を変え続けるようにする。(例:ギルガルド+ボーマンダVSグライオン+エアームド)
・わからない事があれば過去に使用経験あがある人に逐一質問する。


【個別解説】
※掲載順は配置順。
※ダメージ計算は命中・急所・追加効果非考慮。
※確率表記において小数点以下は四捨五入。
※不要箇所のA実数値は個体値0として表記、C実数値は個体値31として表記。
(実際に使用した数値とは異なる。)

1、ギルガルド
681_0.png
性格:れいせい
配分:
シールド 167(252)-70-170-112(252)-171(4)-72
ブレード 167(252)-170-70-222(252)-71(4)-72
技:シャドーボール どくどく キングシールド かげうち
持ち物:たべのこし
特性:バトルスイッチ

構築の要。味方のボーマンダと相性補完に優れている為、たべのこしとキングシールドで延命しつつ狙った相手を削りきる。かげうちを採用する事で相手の体力を削りきる性能を上げた。配分は雑にHCぶっぱで使い始め、明確に勝ちたいポケモンが出来たら配分を変えようと考えていたが、HCぶっぱの使用感が良くてそのまま最後まで使用した。
へんげんじざいみがわりゲッコウガとダウンロードC上昇みがわりポリゴン2のカモにされる事が多かった。

○配分
C:極振り。相手のグライオンやドヒドイデに残すダメージを少しでも増やす目的
H:極振り。
D:4振り。相手のダウンロードでAを上げる目的。

〇参考記事
【ポケモンUSUM】シーズン11使用構築 カバマンダガルド 最終2163 6位 / ゲーム部プロジェクト
https://gameclubproject.jp/kaede-pokemon-s11/
→構築の参考元。配分以外そのまま使用した。


2、ゲッコウガ
658_0.png
性格:いじっぱり
配分:147-161(252)-88(4)-110-91-174(252)
技:ダストシュート けたぐり がんせきふうじ かげうち
持ち物:きあいのタスキ
特性:へんげんじざい

崩し役兼ストッパー役。積み技を持たないものの、相手が想定しづらい技を押し付ける事で序盤から大きなアドバンテージを得られた事が多々あった。味方のカバルドンの先発性能が非常に高いがあらゆるミズZに出落ちさせられた為、先発役を分散させて事故を減らす事も考慮してきあいのタスキが役に立った。
当初は参考元と同じこだわりスカーフ持ちで使っていたが、自身がこだわりスカーフゲッコウガをサイクルに参加させる能力がない事からほとんど選出出来ず、この枠がゲッコウガで正しい事から考え直した。他5体で何が辛いか考えた所、めんえきカビゴンの存在からカビゴンをギルガルドに一任出来ない事と、S上昇したリザードンXYとウルガモスを止める手段がほとんどない事から、きあいのタスキを持ちA特化で撃ち分けが可能なへんげんじざい完全物理型ゲッコウガに行き着いた。
ダストシュートがヒートロトムor霊獣ボルトロス+カプレヒレの並びに非常に強く、かげうちはミミッキュとゲンガーへのダメージ量とバシャーモのとびひざげりを透かす事を意識して採用した。

○配分
A:極振り。カビゴンを半分回復実込み2発で落とす目的。
S:極振り。
B:4振り。先制技のダメージを抑える目的。

○参考記事
「楽勝ゲコマンダ」 / ガラクタ構築製造所
http://adamspoke.hatenablog.com/entry/2018/07/16/210104
(ガオガエン ナットレイ メガボーマンダ ゲッコウガ 霊獣ボルトロス ミミッキュ)
→「多数派の型では勝てない相手との相性関係がひっくり返る」という考えに魅力を感じて参考にした。


3、カプ・コケコ
785_0.png
性格:おくびょう
配分:149(28)-108-106(4)-132(132)-107(92)-200(252)
技:10まんボルト めざめるパワー氷 めいそう ボルトチェンジ
持ち物:マゴのみ
特性:エレキメイカー

ねむりの状態異常をシャットアウトする役兼積みエース役。こだわりスカーフ持ち以外の霊獣ボルトロスを返り討ちに出来る点がこの型の強み。高速アタッカーといって気軽に選出すると相手のS上昇に太刀打ち出来ず腐る事もあった為、選出は慎重にしてた。相手のサイクル構築にモロバレルやフシギバナやラッキーが不在の時に詰めていったりしていた。
Z技を極力ミミッキュに割きたい事とめいそうを積めた時の場持ちの良さから持ち物は参考元のデンキZではなく、マゴのみを採用した。

〇配分
S:最速。
C:1段階上昇10まんボルトでH135D115メガゲンガーを88%の確率で倒せる。
D:1段階上昇でC222ギルガルドのZシャドーボールを耐える。
H:4n+1。
B:4振り。相手のダウンロードでAを上げる目的。

〇参考記事
【ポケモンUSUM】シーズン11使用構築 カバマンダガルド 最終2163 6位 / ゲーム部プロジェクト
https://gameclubproject.jp/kaede-pokemon-s11/
→構築の参考元。持ち物以外そのまま使用した。


4、カバルドン
450_0.png
性格:しんちょう
配分:212(228)-132-142(28)-79-136(252)-67
技:じしん あくび ステルスロック ふきとばし
持ち物:フィラのみ
特性:すなおこし

先発でステルスロックを撒いて、味方の積み展開ないしサイクル展開を補佐する役。
始めはH212B171D110の配分を使っていたが、初手メガリザードンYの晴れオーバーヒートで出落ちさせられる事が多かった為、出来る限り耐える確率を上げる配分に切り替えた。

○配分
H:4n。しぜんのいかり2回でフィラのみを発動させる目的。
D:極振り。メガリザードンYの晴れオーバーヒートを可能な限り耐える目的。
B:余り。


5、ボーマンダ
373-megaevol_0.png
性格:いじっぱり
配分:
メガ前 197(212)-178(52)-101(4)-117-117(132)-134(108)
メガ後 197(212)-189(52)-151(4)-126-127(132)-154(108)
技:おんがえし りゅうのまい じしん はねやすめ
持ち物:いじっぱり
特性:いかく→スカイスキン

構築の要。積み性能も対面性能もサイクル性能も高い万能役。味方のギルガルドと相性補完に優れている為、いかくとはねやすめで延命しながらりゅうのまいで崩しに切り替える。

○配分
S:準速霊獣ボルトロス抜き。
A:H131B100ミミッキュを94%の確率で倒せる。
HD:C125ポリゴン2のアナライズれいとうビームを75%の確率で耐える。
B:余り。4振り。

○参考記事
【ポケモンUSUM】シーズン11使用構築 カバマンダガルド 最終2163 6位 / ゲーム部プロジェクト
https://gameclubproject.jp/kaede-pokemon-s11/
→構築の参考元。そのまま使用した。S1段階上昇で準速霊獣ボルトロスを抜ける点が大きかった。


6、ミミッキュ
778_0.png
性格:いじっぱり
配分:159(228)-156(252)-103(20)-63-126(4)-117(4)
技:じゃれつく かげうち ドレインパンチ つるぎのまい
持ち物:ミミッキュZ
特性:ばけのかわ

積みエースとストッパー役。相手のメガボーマンダを筆頭にこのポケモンで誤魔化せる範囲が非常に広いように感じた。持ち物はメガボーマンダを止められるミミッキュZを持たせ、技はのろいを切ってゴーストZを持たせなくても鋼タイプで止まらないドレインパンチを採用した。これにより、ミミッキュに後出ししてきたHBナットレイをA2段階上昇ドレインパンチ2回で落とせるようになる。また、無理やりつるぎのまいを積んで後攻ドレインパンチで回復してから次のポケモンと対峙する動きも出来るようになった。のろいを切る弊害として、ムラッけや回避バトンなど遂行速度が遅い展開構築が無対策になるという事があるが、前者はさいせいりょくを持った引き先でのろいを対策しており、後者はねをはるドーブル+マジックガードピクシーでカバルドン+のろいミミッキュの両対応が出来るように進化している為、のろいを採用しても勝てないと踏んだ。オニゴーリの対策を完全に切って、格闘技が弱点の鋼への打点を確保した。

○配分
A:極振り。H181B201ナットレイをA2段階上昇ドレインパンチで98%の確率で倒せる。
HB:A207メガギャラドスのA1段階上昇タイプ一致威力80技を94%の確率で耐える。
S:S無振りミミッキュ抜き。S4振りカプ・テテフ抜き。
D:余り。4振り。


【今期使用したQRレンタルチームの紹介】
メガゲンガー グライオン ミミッキュ ポリゴン2 カプ・ブルル ドヒドイデ
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-DF01-4DBD
霊獣ランドロス ヤドラン メガバンギラス ミミッキュ ナットレイ ウルガモス
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-ECF8-489F
ゲッコウガ ミミッキュ メガボーマンダ オニゴーリ クレセリア モロバレル
https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4F36-831D
メガフーディン オニゴーリ マンムー メガボーマンダ ギルガルド ミミッキュ
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-66DA-44F1


【おわりに】
今期は自分で構築を作る事に力を割かず、使う構築を選ぶ事に全力を注ぎました。使う構築を決めるまでの過程でいろんな構築を使う事で、その構築を本構築として使わずとも自身の立ち回りにも還元出来る点が大きかったです。
対戦面では、最初の2000チャレがあっさり通ったので2100も目指してましたが、それからずっと低迷して最終日に2000に戻すのがやっとでした。今度こそ2100ないし7世代自身最高レート2013を超える事が出来る兆しが見えていたのに、超えられなかった点において悔しかったです。


【スペシャルサンクス】
椛さん・cloudiaさん
→立ち回りの細かい相談に乗って頂きありがとうございました。過去使用者の意見が非常に助かりました。

ここまで読んで頂きありがとうございました。
また次の記事でお会いしましょう。


20181106_S12_サムネイル用トレーナーカード

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://atsutokofrog.blog.fc2.com/tb.php/56-9dec5258

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

@コ

Author:@コ
@コ(あっとこ)と申します。
ポケットモンスターの対戦向けの
記事を書いていきます。
好きなポケモンはガマゲロゲです。

でんえんに
ひろがるかわずの
こもりうた

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR