fc2ブログ

Entries

【第1回アシストパワーオフ 3位】ヒードパオ ウラオスカイリュ ハバディンル・その2【SVシングル】


0、はじめに
前回の構築記事から内容がほぼ変わっていない為、内容が重複している箇所が多いです。

・前回の構築記事
【出張!富山ポケモンオフin東京 準優勝】ヒードパオ ウラオスカイリュ ハバディンル【SVシングル】
https://atsutokofrog.blog.fc2.com/blog-entry-80.html


1、結果
・第1回アシストパワーオフ 3位
予選 4勝2敗 炎ブロック1位抜け(5人同率でくじ引きで決定)
→決勝トーナメント 2勝1敗 3位

【結果報告記事】第1回アシストパワーオフ 結果報告記事
https://medicham-jp.hateblo.jp/entry/2023/08/06/174728


2、構築概要
◯レンタルチーム
2023-08-04-214844875802.jpg
※レンタルチームは予告なく非公開になる場合があります。
※ニックネームが付いています。

◯配分
ヒードラン おくびょう
193(212)-85-127(4)-155(36)-127(4)-141(252)
パオジアン ようき C個体値0
155-172(252)-101(4)-85-85-205(252)
連撃ウーラオス いじっぱり
175-200(252)-121(4)-74-80-149(252)
カイリュー いじっぱり
185(148)-204(252)-116(4)-103-121(4)-113(100)
ハバタクカミ おくびょう
151(164)-54-90(116)-162(52)-157(12)-193(164)
ディンルー いじっぱり
239(68)-178(252)-146(4)-67-114(108)-75(76)

◯コンセプト
・数的有利を取り、それを維持して勝つ。

◯選出パターン
・特に決めておらず、相手の並びを見て展開を考えて決めている。
・最も多い選出は、「初手パオジアン+カイリュー+ハバタクカミ」。
・選出としてあり得る組み合わせは、「初手役+クッション役orスイーパー役+クッション役orスイーパー役」。
初手役→パオジアン、ヒードラン、ディンルー、連撃ウーラオス
クッション役→カイリュー、ヒードラン、ディンルー
スイーパー役→ハバタクカミ、連撃ウーラオス

〇前回からの変更点
・ヒードランのDの努力値をCに回した。
・連撃ウーラオスのアイススピナーをアクアジェットにした。
・カイリューのHを削って、Sを最速ガチグマ抜きにした。
・ハバタクカミの耐久を削ってSを最速スカーフマスカーニャ抜きにした。

◯対戦動画
・第1回アシストパワーオフ 3位決定戦
https://www.youtube.com/watch?v=T5XMyIx_8JA

→VS オレンジさん(野上さん)


3、個別解説
※確率表記において命中率と追加効果の確率と急所率は非考慮。

①ヒードラン
0485.png
配分:193(212)-85-127(4)-155(36)-127(4)-141(252)
性格:おくびょう
技:マグマストーム だいちのちから みがわり ちょうはつ
持ち物:たべのこし
特性:もらいび
テラスタイプ:草

配分の意図:
S→最速。マグマストームの後にみがわりを置ける範囲を広げたい為。
H→16n+1。みがわりの耐久とたべのこしの回復が最高効率。
BD→4振り。
C→余り。

解説:
遅くて補助技メインの相手には滅法強い。ヘイラッシャやキョジオーンには草テラスタル込みでみがわりを残す事が出来る。みがわりを持つ事で相手の交代際にマグマストームを当ててみがわりで削りつつ相手の型を確認する事が出来る。最速にしている事で、準速までのカイリューに対してこの動きが出来る。課題点としては、相手のキョジオーンを後出しから対策出来ない事と、どくびし対策が薄い事。ヒードランを居座らせる時はじしんやアクアブレイク対策で草テラスタルを切るが、その状態で引かされたりふきとばしを受けたりしたらどくびしを踏んで居座り続ける事が出来なくなってしまう。

前回からの変更:
・CとDの努力値を入れ替えて、C151D131からC155D127にした。
→弱点を突かれやすいポケモンである為、マグマストームとだいちのちからで削りきる事を優先した。


②パオジアン
0995.png
配分:155-172(252)-101(4)-85-85-205(252)
性格:ようき
技:つららおとし かみくだく テラバースト こおりのつぶて
持ち物:きあいのタスキ
特性:わざわいのつるぎ
テラスタイプ:フェアリー

配分の意図:
S→最速。パオジアンミラーで勝てる確率を上げる為。
A→全振り。
B→4振り。
C→個体値0。あまえるをされた時にA実数値が86、C実数値が85となりテラバーストが物理になる。

解説:
初手の選出択をなくす為にきあいのタスキを持たせた。出し負けをしてもある程度の削りはこなしてくれる。最速パオジアンときあいのタスキの相性の良さを挙げると、相手のパオジアンのつららおとしに怯まされにくい点とこだわりスカーフ連撃ウーラオスのテラスタルなしすいりゅうれんだを確定で耐える点が偉い。フェアリーテラバーストを使う事で対面の相手に勝てそうなら、初手から積極的にテラスタルを切っていた。


③連撃ウーラオス
0892.png
配分:175-200(252)-121(4)-74-80-149(252)
性格:いじっぱり
技:すいりゅうれんだ インファイト とんぼがえり アクアジェット
持ち物:こだわりスカーフ
特性:ふかしのこぶし
テラスタイプ:水

配分の意図:
A→性格補正あり全振り。すいりゅうれんだの打点を伸ばす事を優先した。
S→全振り。S146以上は欲しいが削る理由が見つからなかった。
B→4振り。

解説:
初手役兼スイーパー役。すいりゅうれんだの通りが良さそうな時に選出する。初手で出して初手で通すかとんぼがえりをして終盤で通すかを選択する。技を選択して打点のないポケモンを相手に出されてそこから素で交換するという展開を避けたかった為、とんぼがえりを採用。テラスタルはすいりゅうれんだの打点を上げる為、水。格闘タイプによる弱点を消す目的で切る事も出来る。

前回からの変更点:
・アイススピナーをアクアジェットに変更した。
→アイススピナーをほとんど使わず、Sブーストしたハバタクカミを攻撃する手段が欲しかった為、アクアジェットを採用した。


④カイリュー
0149.png
配分:185(148)-204(252)-116(4)-103-121(4)-113(100)
性格:いじっぱり
技:しんそく じしん アンコール はねやすめ
持ち物:ゴツゴツメット
特性:マルチスケイル
テラスタイプ:ノーマル

配分の意図:
A:補正あり全振り。しんそくのダメージを優先した。
S:最速ガチグマ抜き。
H:余り。奇数調整。
BD:4振り。

解説:
ゴツゴツメットとしんそくで削るクッション役。テラスタル他のポケモンに切る事が多く、素のタイプのまま動かす事が多かった。全体的にカイリューが通っている場面とテラスタルを切らなければ詰みの場面でカイリューにテラスタルを切っていた。アンコールは、ヒスイヌメルゴンやガチグマなどの積み技を固定したり、相手のカイリューの技を固定してハバタクカミを通しにいく展開で役にたった。課題点は飛行テラバーストカイリューとこだわりハチマキカイリューと拘っていない氷技持ち。

前回からの変更点:
・S実数値を100から113に伸ばした。
→最速ガチグマを抜く為。上からアンコールをしてカイリュー自身へで詰ませたり、ハバタクカミで詰ませたりする。


⑤ハバタクカミ
0983.png
配分:151(164)-54-90(116)-162(52)-157(12)-193(164)
性格:おくびょう
技:ムーンフォース シャドーボール テラバースト めいそう
持ち物:ブーストエナジー
特性:こだいかっせい
テラスタイプ:水

配分意図:
HB:A142ミミッキュのいのちのたまゴーストテラスかげうち耐え。
HD:C187ハバタクカミのこだわりメガネフェアリーテラスムーンフォース耐え。
S:最速マスカーニャ抜き。
C:余り。

解説:
終盤のスイーパー。1,2体目でこのポケモンの圏内に入れられるように立ち回る。水テラスタルを切る事でヒードランや連撃ウーラオスに強く出られる。水テラバーストを持つ事で、めいそう1積み又は削れた状態のカバルドン、霊獣ランドロス、イーユイ、ガチグマを落として返しの技を貰わずに処理する事も可能となる。初手にテラスタルを切る展開になった場合、テラバーストが腐る点が悩み所。

ダメージ計算:
A142ミミッキュのいのちのたまゴーストテラスかげうちが2倍で125~148ダメ。確定耐え。
C187ハバタクカミのこだわりメガネフェアリーテラスムーンフォースが等倍で127~151ダメ。確定耐え。

前回からの変更点:
・耐久と火力を削ってSを伸ばした。
→準速のパオジアンとハバタクカミ抜ける188以上にしたかった。


⑥ディンルー
0994.png
配分:239(68)-178(252)-146(4)-67-114(108)-75(76)
性格:いじっぱり
技:じしん カタストロフィ ヘビーボンバー テラバースト
持ち物:とつげきチョッキ
特性:わざわいのうつわ
テラスタイプ:電気

配分の意図:
A:補正あり全振り。
HD:C176テツノツツミのハイドロポンプ2回耐え。
   C205ハバタクカミのムーンフォース2回耐え。
D:4振り。
S:余り。

解説:
初手でパオジアンが出せない時に代わりに出す事が多かった。圧倒的な耐久数値を持つが、このポケモンを後出しして有効に働くケースは弱点の多さから意外と少ないように感じた。後出しが安定すると思っているのは、サンダー、霊獣ボルトロス、レジエレキ、サーフゴー。テラバーストを電気にする事で、サーフゴーがテラスタルをしても弱点を突ける。連撃ウーラオスなどの電気弱点の相手に殴り勝つ目的でも切っていた。

ダメージ計算:
C176テツノツツミのハイドロポンプが2倍で96~114ダメ。確定で2回耐える。
C205ハバタクカミのムーンフォースが2倍で99~117ダメ。確定で2回耐える。
H131B135テツノツツミにじしんが等倍で76~90ダメ。確定2発。


4、構築経緯
レギュレーションDが始まり、まずは順当に強いポケモンで固めた構築を扱いたいと考えていた所、瞬間1位のレンタルチームが公開され、数点の変更を加えて使用した。7月いっぱい使って更に変更を加えた。

各ポケモンの役割を整理すると下記の通りとなる。
パオジアン→初手役。パオジアンに怯まされにくい。先制技持ち。
カイリュー→クッション役。地割れ無効。先制技持ち。アンコールで詰ませたりハバタクカミに繋げたりする。
ハバタクカミ→スイーパー役。積み技持ち。
連撃ウーラオス→初手役。スイーパー役。先制技持ち。連続技。
ディンルー→初手役。クッション役。電気無効。
ヒードラン→初手役。クッション役。低速を詰ませる役。


5、参考記事
・【レンタル有】1位到達した最速ヒードランが強い理由、伝授します【ポケモンSV】 / きおす-ポケモンアトリエ
https://youtu.be/YJ4aUQ3DhU0
ディンルー カイリュー ヒードラン パオジアン 連撃ウーラオス ハバタクカミ
→本構築の参考元。全面的に参考にした。

・S5構築記事【最終5位 R2188】 / 無遊無生
https://sharemarble.hatenadiary.com/entry/2023/05/04/213131
キョジオーン カイリュー テツノドクガ ハバタクカミ ディンルー パオジアン(※レギュレーションC)
→ディンルーとカイリューの配分を参考にした。


6、おまけ -アシストパワーオフの様子-

畳
→名札は他のオフのものを持ってくるという制度だった。

ブロック
→予選ブロック。4勝2敗で直接対決が全員2勝2敗でオポネントも全員同じ。

ハロハロ
→会場1階に売ってたミニストップのハロハロいちご。

トナメ
→決勝トーナメント。萩原ぽけさんもぼーれーさんも富山オフの再戦。

ポテト
からあげ
→公式二次会で出てきたポテトと唐揚げ。


以上
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://atsutokofrog.blog.fc2.com/tb.php/81-c7009706

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

@コ

Author:@コ
@コ(あっとこ)と申します。
ポケットモンスターの対戦向けの
記事を書いています。
好きなポケモンはガマゲロゲです。

でんえんに
ひろがるかわずの
こもりうた

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR